Arty 評価キットを利用することで、Linux ベースの数値計算型 (compute-intensive) システムから軽量マイクロコントローラー アプリケーションまでの広範な組み込みアプリケーション開発に素早く取り組むことができます。
単位ワットあたり業界最高性能を提供するザイリンクスのローエンド向け Artix(R)-7 35T FPGA をベースとしています。
また、あらゆる用途にカスタマイズできるザイリンクスの MicroBlaze(TM) プロセッサを搭載しています。

主な機能と利点
ザイリンクス Artix-7 XC7A35T-L1CSG324I FPGA
オンチップ analog-to-digital コンバーター (XADC)
JTAG インターフェイスで Quad-SPI フラッシュをプログラム可能
16 ビット バス (667MHz) を備えた 256MB DDR3L
16MB Quad-SPI フラッシュ
10/100Mb/s Ethernet
USB-UART Bridge
スイッチ、ボタン、RGB LED
4 つの Pmod インターフェイス (32 I/O)
Arduino/ChipKit Shield コネクタ (49 I/O)

製品内容
Arty 評価ボード
Vivado(R) Design Suite: Design Edition (フルライセンス)
ノードはロックされ、ターゲット デバイスは Artix-7 XC7A35T FPGA にロック (1 年間のアップデートおよびサポート付き)
MicroBlaze および FreeRTOS Webserver を含むリファレンス デザイン