じゃばらとは、全国唯一の飛び地村、和歌山県北山村を原産とするかんきつ類です。「邪気をはらう」ところからこの名前が付けられており、村では昔から縁起物として正月料理には欠かせないものでした。他の地方ではほとんど栽培されていないことから「幻の果実」とも言われています。
じゃばらには、他のかんきつ類と比べ、フラボノイド成分(ナリルチン)が圧倒的に多く含まれており、季節の変わり目のシーズンには、昔からとても活躍しています。

1日摂取目安量:1~3粒

主成分
1粒中:ナリルチン 11mg


☆季節の変わり目、ムズムズに「ナリルチン」が決め手!ラメール じゃばら 30粒(3粒×10包)×12個セット-その他

☆季節の変わり目、ムズムズに「ナリルチン」が決め手!ラメール じゃばら 30粒(3粒×10包)×12個セット-その他

☆季節の変わり目、ムズムズに「ナリルチン」が決め手!ラメール じゃばら 30粒(3粒×10包)×12個セット-その他

☆季節の変わり目、ムズムズに「ナリルチン」が決め手!ラメール じゃばら 30粒(3粒×10包)×12個セット-その他